名鉄2000系2007編成「エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ」(海側)のサイドビュー

名鉄2000系2007編成「エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ」(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト実行委員会」が,2020年(令和2年)1月10日から3月31日に実施する「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト〜名古屋・ささしまライブから世界に発信〜」のコラボレーション企画の一環で運転されているラッピング車両.
 カラーリングはアニメ「エヴァンゲリオン」の作中に登場する汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン初号機をモチーフとしたもの.機体色のバイオレットをベースに,アクセントのグリーン,オレンジ,ブラックが配されている.サイドビューではわからないが,前面貫通扉はセントレアのロゴではなく,作品に登場する特務機関ネルフのロゴマークに変更されている.
 運転期間は1月14日から3月9日の予定だったが,好評をうけて3月17日まで延長されている.

2020年02月21日撮影.

鉄道会社
系列
走行エリア
製造メーカー

名古屋鉄道2000系2007編成「エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイ」(海側) 編成図

名鉄岐阜・新鵜沼
中部国際空港
シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー