小田急1000形1253×6(山側)のサイドビュー

小田急1000形1253×6(山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

6両編成の3本目として1989年(平成元年)に川崎重工業で製造された.
 4両編成と連結して,営団地下鉄(→東京メトロ)千代田線にも乗り入れていたが,4000形の導入により撤退し,現在は自社線内でのみ運用されている.
 写真は小田原線新松田−小田原間の各駅停車に充当された際のもの.

2018年01月14日撮影.

小田急電鉄1000形1253×6(海側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄1000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー