小田急3000形3256×6(山側)のサイドビュー

小田急3000形3256×6(山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

3000形の2次車として2003年(平成15年)に東急車輛で製造された6両編成.
 2次車は乗降ドアの幅が1300mmと一般的な通勤形車両と同じものとなっている.登場時の帯色はロイヤルブルーだったが,2015年(平成27年)7月にインペリアルブルーに変更されている.
 新宿方に4両編成を連結して,新宿に乗り入れる快速急行や急行に使用されることもある.写真は小田原線新松田−小田原間の各駅停車に充当された際のもの.

2018年01月14日撮影.

小田急電鉄3000形(2次車)3256×6(山側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄3000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー