名鉄6000系(4次車)6017編成(海側)のサイドビュー

名鉄6000系(4次車)6017編成(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

6000系4次車の最終編成として1979年(昭和54年)に日本車両で製造された.
 4次車は乗降扉の窓ガラスが拡大された点が特徴となっている.側窓が固定式なのは4次車までであり,本編成が側窓が固定式で製造された最後の編成となる.
 登場時はクロスシート車だったが,混雑緩和を目的に1988年(昭和63年)にロングシートに改造されている.2002年(平成14年)に行なわれた特別整備で,側面に種別・行先表示器が設置された.その後,三河線でのワンマン運転に対応した工事が2005年(平成17年)に行なわれたが,外観には大きな変化はない.

2020年02月21日撮影.

名古屋鉄道6000系(4次車)6017編成(海側) 編成図

名鉄岐阜・新鵜沼
豊橋・中部国際空港
シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー