東武30000系31602編成(海側)のサイドビュー

東武30000系31602編成(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

東上線で運用されている10両編成.
写真左の6両は1997年(平成9年),右の4両は1996年(平成8年)にアルナ工機で製造された.
2006年(平成18年)には地下鉄乗入れ運用から外れ,伊勢崎線の地上区間での運用となった.
モハ35602は,2011年(平成23年)の入場で主電動機がPMSM(永久磁石同期電動機)となり,他車とは異なるVVVFインバータが搭載されている.
2015年(平成27年)には東上線に転属し,クハ36602とクハ31402が付随車化され,サハ36602とサハ31402となっている.

2020年03月13日撮影.

シェアする
  • 東武鉄道30000系のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー