DE10 1109けん引『DE10北斗星カラーデビュー記念 東武鉄道をほぼ1日満喫する旅』ツアー列車(山側)のサイドビュー

 DE10 1109けん引『DE10北斗星カラーデビュー記念 東武鉄道をほぼ1日満喫する旅』ツアー列車(山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

2020年(令和2年)8月23日(日)に催行された『DE10北斗星カラーデビュー記念 東武鉄道をほぼ1日満喫する旅』にともない,南栗橋→鬼怒川温泉→下今市間で運転された団体臨時列車.けん引機のDE10 1109と1号車のスハフ14 501は,これが初めての営業運転となった.
 DE10 1109はJR東日本から2020年(令和2年)4月に譲受したもので,JR北海道で“北斗星”をけん引していたDD51形を模したカラーリングとなっている.1号車のスハフ14 501と2号車のオハ14 505「ドリームカー」は,オハ14 504,スハフ14 508とともに2017年(平成29年)2月の甲種輸送でJR北海道から譲受したもの.最後尾の3号車に連結されたオハフ15 1はJR四国からの譲受車.

2020年08月23日撮影.

DE10 1109けん引『DE10北斗星カラーデビュー記念 東武鉄道をほぼ1日満喫する旅』ツアー列車(山側) 編成図

東武宇都宮・東武日光・新藤原
浅草
シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー