東武100系「スペーシア」101編成(デラックスロマンスカーカラー・山側)のサイドビュー

東武100系「スペーシア」101編成(デラックスロマンスカーカラー・山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

東武100系「スペーシア」の第1編成として1990年(平成2年)にアルナ工機で製造された.同年6月1日から営業運転を開始している.
2012年(平成24年)にリニューアルが行なわれ,外観は東京スカイツリーのライトアップデザイン「粋」をイメージした「隅田川の水をモチーフとした淡いブルー」を基調とし,東武グループのロゴタイプカラーである「フューチャーブルー」の細帯を巻いたものに変更された.
2021年(令和3)年には,100系「スペーシア」と200型「りょうもう」のデビュー30周年を記念して,1720系「デラックスロマンスカー」をイメージした,ロイヤルベージュにロイヤル マルーンのラインを配したカラーリングに変更された.写真は営業運転初日の12月5日に「2021東武プレミアムファンツアー」の団臨として南栗橋から北千住に向かう際のもの.

2021年12月05日撮影.

東武鉄道100系「スペーシア」101編成(デラックスロマンスカーカラー・山側) 編成図

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー