小田急5000形5051×10(山側)のサイドビュー

小田急5000形5051×10(山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

小田急電鉄の通勤形車両として4000形以来,12年ぶりとなる新形通勤形電車の5000形の第1編成.2019年度(令和元年度)に川崎重工業で制造された.
 2000形以来となる,拡幅車体で裾絞りがみられる.車体は軽量ステンレス製で,窓下の帯はインペリアルブルーの上にアズールブルーの細帯を配置したこれまでにないものとなっている.
 写真は2020年(令和2年)1月に行なわれた試運転を撮影したもの.

2020年01月09日撮影.

小田急電鉄5000形5051×10(山側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄5000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー