JR東日本E491系「East i-E」クヤE490-1

JR東日本E491系「East i-E」クヤE490-1山側の側面写真
山側側面
海側側面
JR東日本E491系「East i-E」クヤE490-1海側の側面写真

常磐線・東北本線で東京方となる先頭車.軌道関係の測定を行なう.
運転台上にあるパンタグラフは検測用のPS96A形で,最後尾となる検測走行時に上昇して測定が行なわれる.パンタグラフに隣接する箱は架線離隔測定装置のもの.登場時はこれ以外の屋上機器はなかったが,埼京線にATACSが導入された際に連結面にアンテナが2本増設され,電車線金具モニタリング装置が車体中央付近に新設されている.
台車は運転台側がTR253形,連結面側がTR253A形で,軌道の測定が可能となっている.床下山側には検測用の補助電源装置(SC74)と蓄電池などがある.

JR東日本E491系電気・軌道総合試験交直流電車「East i-E」(山側) 編成図

シェアする

JR東日本 E491系 East i-Eのサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー