JR東日本キヤE193系「East i-D」キヤE192-1

側面

電力関係の検測を行なう中間車.測定用の下枠交差式PS96A形パンタグラフを2基備え,車体中央には観測用ドームが設置されている.
台車はDT66形.床下には出力450PSのDMF14HZB形エンジンを2基搭載している.

JR東日本キヤE193系電気・軌道総合試験気動車「East i-D」+マヤ50 5001 編成図

シェアする

JR東日本 50系 East i-Eのサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー