JR東日本キヤE193系電気・軌道総合試験気動車「East i-D」+マヤ50 5001のサイドビュー

JR東日本キヤE193系電気・軌道総合試験気動車「East i-D」+マヤ50 5001の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

JR東日本の在来線を検測するために2002年(平成14年)に導入された電気・軌道総合試験気動車.2001年(平成13年)に導入された「East i(イースト・アイ)」に続き「East i-D(イースト・アイ・ダッシュ・ディー)」の愛称がつけられている.東日本の「東」を意味する「イースト」と,知能の高い「intelligent」,統合された「integrated」,検査「inspection」の頭文字の「アイ」,気動車である「Diesel car」の「ディー」から命名されている.
車体は同時期に導入が進められていたE257系をベースとし,屋根上に検測機器を搭載するために高さが抑えられたものとなっている.
写真は建築限界測定車のマヤ50 5001を連結して走行中の様子.

撮影機材:オリンパス OM-D E-M1X/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

2021年08月30日撮影.

JR東日本キヤE193系電気・軌道総合試験気動車「East i-D」+マヤ50 5001 編成図

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー