JR九州787系BM6編成のサイドビュー

JR九州787系BM6編成の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

長崎本線の特急“かもめ”などに使用される787系の7両編成.
先頭車などは1992年(平成4年)に鹿児島本線で営業運転を開始した“つばめ”用に製造され,鹿児島運転所(現・鹿児島車両センター)にT-6編成として投入された.T-6編成は1993年(平成5年)に9両編成となり,1994年(平成6年)3月には南福岡電車区(現・南福岡車両区)に転属,同年7月には鹿児島に戻りBK6編成となった.この際,編成の組み換えが行なわれ,2号車がモハ786-201,6号車がサハ787-111に交換されている.1999年(平成11年)には7両編成化にともない編成内の順序が変更となり,サハシ787-6が編成中央の4号車に連結されるようになった.
2004年(平成16年)3月13日の九州新幹線新八代〜鹿児島中央間の開業に向けて,特急“リレーつばめ”に使用するため,サハシ787-6のビュッフェを客室化し,サハ787-206に形式が変更された.この際にカラーリングとロゴの変更が行なわれた.2011年(平成23年)3月12日の九州新幹線全線開業にともない,“リレーつばめ”の運転は終了し,“かもめ”などに転用されることになり,ロゴマークが「AROUND THE KYUSHU(アラウンド・ザ・九州)」に変更されている.

2020年11月23日撮影.

シェアする
  • JR九州787系のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー