東武100系「スペーシア」モハ109-1(リバイバルカラー)

東武100系「スペーシア」モハ109-1(リバイバルカラー)海側の側面写真
海側側面
山側側面
東武100系「スペーシア」モハ109-1(リバイバルカラー)山側の側面写真

浅草方先頭の6号車に連結される制御電動車.1991年(平成3年)に東急車輛で製造された.
床下には補助電源装置が搭載されている.車内は4人用のコンパートメントが6室配置されており,下り方にはトイレを備える.
2012年(平成24年)にリニューアルが行なわれ,外観は東京スカイツリーのライトアップデザイン「粋」をイメージした「隅田川の水をモチーフとした淡いブルー」を基調とし,東武グループのロゴタイプカラーである「フューチャーブルー」の細帯を巻いたものに変更された.
2021年(令和3年)には,「スペーシア」の運転開始30周年を記念して,登場時のカラーリングに戻されることになり,「ジャスミンホワイト」を基調に,「パープルルビーレッド」,「サニーコーラルオレンジ」の帯を配し,窓部を「ブラック」とした塗装に戻った.

東武鉄道100系「スペーシア」109編成(リバイバルカラー・海側) 編成図

シェアする

東武鉄道 100系 109編成のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー