東武100系「スペーシア」109編成(粋カラー・海側)のサイドビュー

東武100系「スペーシア」109編成(粋カラー・海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

東武100系「スペーシア」の最終編成として1991年(平成3年)に東急車輛で製造された.
2012年(平成24年)にリニューアルが行なわれ,外観は東京スカイツリーのライトアップデザイン「粋」をイメージした「隅田川の水をモチーフとした淡いブルー」を基調とし,東武グループのロゴタイプカラーである「フューチャーブルー」の細帯を巻いたものに変更された.
写真は,両先頭車の側面に日光線全線開通90周年記念のマークを掲出した際のもの.東武日光線は,2019年(令和元年)10月1日に全線開通90周年を迎え,100系には2019年(令和元年)11月1日から2020年(令和2年)3月31日までロゴマークが掲出されている.

2019年12月01日撮影.

東武鉄道100系「スペーシア」109編成(粋カラー・海側) 編成図

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー