東武6050型6179編成「6000系リバイバルカラー」(海側)のサイドビュー

東武6050型6179編成「6000系リバイバルカラー」(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

東武日光線の全通90周年を記念して,モハ6162+クハ6262に続き,車体更新前の6000系がまとっていたロイヤルベージュとロイヤルマルーンのツートンカラーとなった2両編成.
 1988年(昭和63年)に富士重工業で新製された車両で,モハ6179は霜取り用パンタグラフを装備している.
 写真は2020年(令和2年)2月11日に運転された団体臨時列車を撮影したもの.

2020年02月11日撮影.

鉄道会社
系列
走行エリア
製造メーカー

東武鉄道6050型6179編成「6000系リバイバルカラー」(海側) 編成図

浅草
東武宇都宮・東武日光・新藤原
シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー