名鉄6800系6818編成+6800系6827編成+6000系6052編成(海側)のサイドビュー

名鉄6800系6818編成+6800系6827編成+6000系6052編成(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

6000系2両編成と6800系による6両編成の,東岡崎発犬山行きの普通列車.
 写真左の6800系6818編成は,1990年(平成2年)に導入された3次車.6800系は3次車から車体構造が変更され,窓が大きいことから「金魚鉢」の愛称で親しまれている.
 中央に連結されている6800系6827編成は,1990年(平成2年)に導入された4次車.4次車のうち,6828編成〜6831編成の4本は尾西線・豊川線のワンマン運転に対応しているが,本編成は未対応.
 写真左の6000系6052編成は,6000系最終編成編成で10次車にあたる.6000系10次車は9次車に引き続き,通称「鉄仮面」の前面だが,標識灯が変更されている.

2020年02月22日撮影.

名古屋鉄道6800系6818編成+6800系6827編成+6000系6052編成(海側) 編成図

名鉄岐阜・新鵜沼
豊橋・中部国際空港
シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー