京成3000形(1次車)3001編成(海側)のサイドビュー

京成3000形(1次車)3001編成(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

京成3000形の第1編成として,2002年度(平成14年度)に日本車両で製造された.
 2003年(平成15年)2月1日に営業運転を開始し,京成本線の優等列車を中心に使用されている.3000形の増備は3002編成から3025編成までの24本は6両編成のみであり,2010年(平成22年)7月17日の成田空港線(成田スカイアクセス)開業に合わせて導入された7次車が登場するまで,当編成が3000形唯一の8連であった.
 写真は先頭車にSRアンテナを設置するための台座が設置されたあとのもの.

2019年09月26日撮影.

京成電鉄3000形(1次車)3001編成(海側) 編成図

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー