東武10030型11666編成+10000型11204編成(海側)のサイドビュー

東武10030型11666編成+10000型11204編成(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

10030型6両編成と10000型2両編成を連結した8両編成で運転される伊勢崎線(スカイツリーライン)の区間急行列車.
写真左の11666編成は,1996年(平成8年)にアルナ工機で製造され,森林公園検修区に配置されて東上線で運用されていたが,2013年(平成25年)に南栗橋車両管区春日部支所に転属している.
写真右の11204 編成は,1985年(昭和60年)に東急車輛で製造され,2017年(平成29年)にリニューアルが実施されている.10000型の2両編成は群馬県のワンマン運転線区への転属が行なわれ,11204編成は南栗橋車両管区春日部支所に最後まで残った編成となっている.

撮影機材:オリンパス OM-D E-M1 Mark III /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

2021年04月20日撮影.

東武鉄道10030型11666編成+10000型11204編成(海側) 編成図

シェアする
  • 東武鉄道10000型のサイドビュー

  • 東武鉄道10030型のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー