小田急8000形8055×4+3000形3256×6(海側)のサイドビュー

小田急8000形8055×4+3000形3256×6(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

8000形4連と3000形6連による10両編成.
 新宿方の8000形8055×4は1984年(昭和59年)に川崎重工業で製造された.2012年(平成24年)にリニューアルされ,VVVFインバータ制御となった.
 小田原方の3000形3256×6は2003年(平成15年)に東急車輛で製造された.乗降扉の幅が一般的な1300mm幅になった2次車のうちの1本.登場時の帯色はロイヤルブルーだったが,2015年(平成27年)7月にインペリアルブルーに変更されている.

2019年10月31日撮影.

小田急電鉄8000形8055×4+3000形3256×6(海側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄8000形のサイドビュー

  • 小田急電鉄3000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー