小田急1000形1057×4+3000形3263×6(海側)のサイドビュー

小田急1000形1057×4+3000形3263×6(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

1000形4連と3000形6連による10両編成.
 新宿方の1000形1057×4は1988年(昭和63年)に川崎重工業で製造された.2015年(平成27年)にリニューアル工事を終えている.
 小田原方の3000形3263×6は2003年(平成15年)に日本車両で製造された.3次車の1本目で,3000形で初めて中間に付随車が連結された.試験的に床下全面を覆った防音カバーを取り付けて登場しており,2006年(平成18年)1月に撤去した後,翌2月からは台車付近にのみ取り付けて試験が行なわれた.試験終了後の2008年(平成20年)にはすべて撤去されている.

2019年10月01日撮影.

小田急電鉄1000形1057×4+3000形3263×6(海側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄1000形のサイドビュー

  • 小田急電鉄3000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー