小田急1000形1095×10(リニューアル車・山側)のサイドビュー

小田急1000形1095×10(リニューアル車・山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

1056×4と1256×6をリニューアルし,10両貫通化工事を行なった編成.
 1056×4は1988年(昭和63年)に川崎重工業で,1256×6は1990年(平成2年)に日本車両で製造されている.7号車のサハ1195と6号車のサハ1295は先頭車だったが,乗務員室を客室とする改造を行なったため,車端部の見付が他車と異なる.
 リニューアルではSiC(炭化ケイ素)を使用したVVVFインバータ装置への交換なども行なわれ,帯色がロイヤルブルーからインペリアルブルーに変更されている.

2018年01月14日撮影.

小田急電鉄1000形1095×10(山側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄1000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー