小田急1000形1081×8(海側)のサイドビュー

小田急1000形1081×8(海側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

小田急1000形唯一の8両固定編成で,1993年(平成5年)に川崎重工で製造された.
 10両編成からサハ1050形(T2)とデハ1000形(M3)を抜いた構成となっているが,補助電源装置は6連と同様,編成中に2台とし,他の編成よりも出力が大きいものが搭載されている.
 小田急1000形の導入は,1992年度(平成4年度)に導入された本編成と10連3本(1092×10・1093×10・1094×10)をもって完了し,通勤形車両の導入は2000形に移行することになった.

2019年10月31日撮影.

鉄道会社
系列
走行エリア
製造メーカー

小田急電鉄1000形1081×8(海側) 編成図

シェアする
  • 小田急電鉄1000形のサイドビュー

Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー