JR東日本 国府津車両センター E233系E-55編成(線路設備モニタリング装置対応編成)+E-02編成(山側)のサイドビュー

JR東日本 国府津車両センター E233系E-55編成(線路設備モニタリング装置対応編成)+E-02編成(山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

上野東京ラインの普通列車として走るE233系による15両編成.
写真左のE-55編成は,2011年(平成23年)にJR東日本新津車両製作所で製造された5両編成で,田町車両センターにNT53編成として配置された.田町車両センターの廃止にともない,2013年(平成25年)に国府津車両センターに転属し,E-55編成となった.
14号車のサハE233-3005は,線路設備モニタリング装置に対応している.
写真右のE-02編成は2010年(平成22年)に東急車輛で製造され,国府津車両センター所属に配置された.国府津車両センターに新製配置された2本は,後に田町車両センター・高崎車両センターから転属してきた編成とは異なり,6号車にトイレがない.また,各電動車のユニットの車番が揃っていることも特徴となっている.

撮影機材:オリンパス OM-D E-M1 Mark III /M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

2021年06月30日撮影.

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー