JR東日本 中央快速線 E233系T36編成(線路設備モニタリング装置搭載編成・山側)のサイドビュー

JR東日本 中央快速線 E233系T36編成(線路設備モニタリング装置搭載編成・山側)の編成サイドビュー
fast_rewind
play_arrow
pause
play_arrow
fast_forward

中央快速線向けの10両貫通編成の36本目として,2007年(平成19年)に新津車両製作所で製造された.
7号車のサハE233-36には,軌道変位モニタリング装置と軌道材料モニタリング装置で構成される線路設備モニタリング装置が搭載されている.軌道変位モニタリング装置は,レールにレーザ光を照射することで線路のゆがみを測定するもの.軌道材料モニタリング装置は,距離を測定できるプロファイルカメラと,濃淡画像を撮影するラインセンサカメラにより,レール周りの部材の状況を撮影し,レール締結装置などの不具合を判定することができる.

2021年06月28日撮影.

シェアする
Twitter上で更新情報を通知しています
Twitter上で更新情報を通知しています

よく見られているサイドビュー